住宅ローンと生命保険の関係ってなによ?

住宅ローンを組もうと思ったらまず、どこの金融機関に申し込みをするか決めないといけません。
例えば、銀行・ネットバンク・信用金庫・労金など新生銀行の住宅ローンを取り扱っている金融機関は数多くあります。
金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、実店舗がないネットバンクは、各取引をネット上で行います。
店舗にいく手間がないので非常に人気です。
また店舗がない分、経費削減ができ金利が低いのも特徴です。
ネットバンクは支払いを少なくしたい方や忙しい人達にとても人気がある新生銀行の住宅ローンです。
新生銀行の住宅ローンは長年支払いをする物ですから、フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。
フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様審査が少し変わっています。
変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。
とはいえ、年収や勤続年数などはこれは、その住宅が将来価値が出るかどうか、ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、色々な面から審査されるそうです。
将来に備え住宅のご購入を考えていらっしゃる方も多いと思います。
購入に当たり住宅ローンを組まなくてはいけません。
住宅ローンは銀行や信用金庫、ネットバンクから組む事が出来ます。
住宅ローンを組む際には金利・審査・諸費用がかかります。
審査結果が解るのは約1週間前後の時間がかかります。
ローン金利の決定は契約完了の月の物が採用されます。
諸費用は人それぞれですが、少なくとも数百万単位かかると思っておいても良いでしょう。
マイホームが欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの内容を1つ1つこなしていかないといけません。
自分の家になるまでには3.
4カ月の時間がかかります。
住宅を購入する際、必ず保険会社に加入します。
その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。
団体信用生命保険という物は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローンはすべて無くなる。
という保険です。
これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。
団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。
こちらが保証料を支払う必要がないので、安心して新生銀行の住宅ローンの申し込みが出来ます。

子供にはどんな保険が必要?【学資・個人賠償責任保険とは】