引っ越した時に、入居するアパートに光回線が通っていませんでした

住み替えをした時に、入居するアパート自体に、光回線が実装されていなかったため、契約した後で、工事をおこなわなけれないけませんでした。
工事の担当者はとても清潔にしていて、丁寧な説明で通信会社のイメージも高くなりました。
ワイモバイルはどんなに少なくても毎月維持費が3000円ほど必要ですが、何台か持っている場合には、なんと500円割引になります。
それだけでなく、契約事務手数料や解約金がサービスされたりと、二台目以降の契約にメリットがあります。
ですので、これ以降は、au、docomo、softbankの代替として、普及率が向上していくと思われます。
引っ越しや速度の悩みなどでインターネットの回線を変更する場合や新規の回線申し込みの際は、キャンペーン期間の間に申し込むと得します。
よくご存じのフレッツもキャンペーンをよくやっていますので、頻繁にチェックして確かめておくといいのではないでしょうか。

光ファイバー料金安いのは?徹底比較で決める【一番安いプロバイダ】