消費者金融規制緩和によって専業主婦の借り方はどう変わる?

消費者金融規制緩和が検討されていますね。
専業主婦に関係が出てくる部分としては、総量規制に関わる部分でしょう。
これは、年収の1/3を借り入れることが出来ないと言うもので、専業主婦の様に収入が0であったり、ごくわずかな場合は例外として、配偶者の収入と合算して借り入れ可能額を設定可能としています。
その代わり、配偶者の同意書が必要になるので、完全に秘密で借り入れすることが出来ないのです。
ただし、銀行のローンでは総量規制の対象外ですから、少額であれば借り手の責任で融資を受けることが可能です。
ただし、配偶者の職業や年収は審査の参考になることが多いようですね。
消費者金融が規制緩和を受けて借入先の選択肢が増えるのは良いことの様にも思えますが、金利の負担を考えてローンを組みたいですね。
総量規制対象外キャッシング